FAQ

お悩み/症状


FAQ お悩み/症状

治療が怖いのですが、不安を解消して治療する方法はありますか?
強い恐怖心をお持ちの方や、長時間の治療が心配という方には、静脈内鎮静法が可能です。 リラックスするお薬を点滴することで眠った状態になり、恐怖や痛みを感じずに治療を受けることができる麻酔法です。
全身麻酔と異なり、呼びかけにも応答でき、入院の必要もありません。麻酔は専門の麻酔科の先生が行いますので、ご安心ください。
歯周病ですが、インプラント治療は可能ですか?
インプラントを受ける方で歯周病やむし歯があった場合、必ず治療後に手術を行わせていただいています。 インプラントを成功させるためには、骨の量が必須ですが、歯周病は骨を溶かす病気です。
もし歯周病を治療せずにインプラントを行った場合、歯周病で骨はどんどん減ってゆき、安定するどころか、インプラントをダメにしてしまうだけなのです。こうした理由から、当院では必ず口腔環境を改善してから、インプラント治療を行っています。
持病があるのですが、手術は受けられますか?
インプラント治療は外科手術を行うため、体の健康状態を把握することが重要です。 持病や治療中のご病気がある方は、かかりつけのお医者さんと相談の上、インプラント治療を行うかを決めていきます。
※当院では全身管理を行ないながらのインプラント手術も可能です。ただし、病状により治療が行えない場合もあります。
インプラントにはどんな素材を使用しますか?
身体になじみの良いチタンを使用します。
インプラントに使用されるチタンは人工関節など幅広い分野で使用されている生体親和性の非常に高い材料であり、骨となじみを良くするために表面処理が行われています。
インプラントの耐久年数はどれくらいですか?
しっかりと定期的な管理と正しいケアを行えば、10年以上お使いいただくことができます。 インプラントは第二の永久歯とも呼ばれていて、正しいお手入れを続けていれば10年以上はお使いいただくことができます。 ちなみに、入れ歯の平均的な耐久年数は長くて4〜5年、ブリッジは7〜8年と言われています。

しかし、インプラントをしっかり長持ちさせるためにも日頃のお手入れが必要不可欠です。ご自分の歯と同じように、長く使っていくためにも毎日欠かさずにお手入れしましょう。 また、治療後は正しいブラッシング方法についての指導を受け、定期的なメンテナンスにご来院ください。
手術後に注意することはありますか?
数日間は歯科医師の指示に従って安静にし、食事にも配慮していただく必要があります。 麻酔が切れた手術後の数日間は痛みや腫れが出ることがあります。
その間は安静にすることに加え、なるべく食事も固い物を避けるなど、ご配慮をお願いしております。
他院でインプラントを断られました。
患者さまの顎の骨の状態によっては、すぐにインプラント治療が受けられない場合があります。 当院では、骨を補う手術も行なっていますので、諦めていた方も一度ご相談ください。

Casebook症例集

Contact us ご予約・お問い合わせ

〒720-0805 広島県福山市御門町2丁目5-32 ヴェルドミール1F

  • 診療時間

    診療時間
    08:00〜12:00
    12:30〜17:45

    備考:祝日のある週は水曜日も診療しています。

  • アクセス

    • 山陽本線福山駅 南口 車7分
    • 山陽本線福山駅 南口 徒歩20分
    • 山陽本線東福山駅 南口 車11分

    駐車場

    医院前に7台分の駐車スペースをご用意しております。

オフィシャルサイト 歯周病専門サイト