About implants

インプラントについて


インプラントとは

歯を失ってしまった場合に、顎の骨に人工的な根(歯根)を埋め込む治療方法です。 歯を失った時の治療法として他にも入れ歯やブリッジが選択肢として上げられます。これらの治療法にはそれぞれメリット・デメリットがあり、どの治療が適しているかは患者さまによっても異なります。

入れ歯、ブリッジとインプラントの大きな違いの一つとして言われているのが「装着された歯はぐらつくことなく、天然歯とほとんど同じように噛むことができること」です。

しかしながら、患者さまの顎の骨の状況などによってはインプラントを構築できないケースもあります。

他院で骨の状態などを理由にインプラント治療を断られた方にも、ぜひ相談ください。当院で可能な限りの対応をいたします。「歯を失ってしまい、以前のような見た目や機能性を取り戻したい」とお考えの方の来院をお待ちしています。


インプラント治療のメリット・デメリット


  • Merit メリット

    • 天然歯に近い感覚で噛める
    • 食事や会話の途中でずれる恐れがない
    • 自然な見た目になる
    • 健康な歯を削る必要がない
    • 周りの歯に負担をかけない
    • 適切なメインテナンスで長期間使用できる
    • 顎の骨が痩せない
  • Demerit デメリット

    • 手術が必要
    • 治療期間が長い
    • 自費診療のため治療費が高額
    • 高度な技術や衛生管理が整った環境が必要

入れ歯、ブリッジとの比較

インプラント

歯を失った箇所に、歯の根っこの代わりをするチタン製のインプラントを埋め込み、人工歯を取り付ける治療法です。
見た目は自然の歯と変わらないように治療することができ、しっかり噛むことができます。費用、期間がかかりますが失った歯の 機能・見た目を回復させる治療方法です。


メリット・デメリット


  • Merit メリット

    • しっかりとした土台を作れるため噛む力を十分に発揮できる
    • 天然歯に近い人口歯を使用できる
    • 周りの歯を削る必要がない
  • Demerit デメリット

    • 保険が適用外になり、保険治療と比較すると治療費が高額になる
    • 全身疾患があると治療を行えない可能性がある
    • インプラント埋入後、骨とくっつくまで数ヶ月かかり治療期間が長い

メインテナンス


インプラントや人口歯はむし歯にはなりませんが、周りの歯茎は歯周病にかかる恐れがあります。
そのため、毎日の歯磨きや定期的なメインテナンスが重要です。

入れ歯

入れ歯は、人工の歯茎である「床」に人工歯が並んでいる構造です。
全ての歯を失った場合は総入れ歯、1本でも残っている場合は部分入れ歯を使用します。総入れ歯は床を粘膜に吸着させて固定する構造です。また、部分入れ歯は金属の留め具で残った歯に引っかけて固定します。
それぞれ取り外しが可能ですが、安定しない場合がございます。


メリット・デメリット


  • Merit メリット

    • 失った歯の本数に関係なく適用できる
    • 残っている歯を削らずに補うことができる
    • 取り外しができるため手入れが簡単
  • Demerit デメリット

    • 使用中にずれる場合がある
    • 硬いものを噛みづらくなり、噛む力が弱くなる
    • 留め具などにより、残っている歯への負担が大きくなる

メインテナンス


口の状態は日々変化するため、定期的な入れ歯の調整が必要です。部分入れ歯の際は、留め具を引っかける歯への負担を減らすための調整も行います。
入れ歯は毎日取り外してすみずみまで清掃しなければ、口の中に汚れが溜まりがちになります。日々のセルフケアと定期的な調整を継続することが大切です。

ブリッジ

ブリッジは、歯を失ったところの両隣の歯を大きく削り、橋をかけるように人工歯を装着する方法です。
部分入れ歯に比べれば安定していて、噛む力も回復します。


メリット・デメリット


  • Merit メリット

    • 固定式のため装着時の違和感が少ない
    • 入れ歯よりも噛む力が強い
    • 保険適用も可能
  • Demerit デメリット

    • 健全な両隣の歯を大きく削る必要がある
    • 削った歯に痛みが出れば神経を取る処置を行うため、歯の寿命が縮まる
    • 歯肉との間に汚れが溜まりやすく、口の中が不衛生になりやすい

メインテナンス


ブリッジをしたところの全ての歯をより入念にケアする必要があります。日々の歯磨きだけではなく、定期的なメインテナンスが必要です。

インプラント治療例

  • 隣接している歯を1~2本失ってしまった場合

    従来はブリッジ治療を行うため、両隣の歯を削る必要がありました。インプラント治療の場合、歯を失った場所に人工歯歯根を埋め込むため、他の歯を傷つける必要がありません。歯茎に噛む力がしっかりとかかるため、歯茎の健康も保たれます。

  • すべての歯を失った場合

    従来は総入れ歯の治療を行っていましたが、入れ歯がずれやすい、硬い食べ物が食べにくいなどデメリットがあります。インプラント治療の場合、複数の歯を支えとして人工歯を固定することができます。食べ物が詰まったりすることがほとんどなく、天然歯と同じような感覚でしっかり噛むことができます。

Contact us ご予約・お問い合わせ

〒720-0805 広島県福山市御門町2丁目5-32 ヴェルドミール1F

  • 診療時間

    診療時間
    08:00〜12:00
    12:30〜17:45

    備考:祝日のある週は水曜日も診療しています。

  • アクセス

    • 山陽本線福山駅 南口 車7分
    • 山陽本線福山駅 南口 徒歩20分
    • 山陽本線東福山駅 南口 車11分

    駐車場

    医院前に7台分の駐車スペースをご用意しております。

オフィシャルサイト 歯周病専門サイト